So-net無料ブログ作成

ルピナスの会 [ママだから]

illust1898_thumb.gif

学校での顔合わせをする中で、同じ避難をしているある方にあってほしく、その方のお家にお邪魔をしました。今回は福島ママだけの集まりです[わーい(嬉しい顔)]
その方は、私達のお母さんのような存在で、避難生活中もずっと子供の小さい家庭を気にかけていた方でした。この日も、お母さんのように、ママたちの様々なことについて耳を傾けてくださり、情報なども提供して下さったので、私も初めて聞くことがたくさんありました。
私たちが知らない現実の部分も・・・・
深刻なことも交じっていました。
でも、こうしてお互いに話をすること、情報を共有すること、他の人がすでにやっていれば、それで躊躇していた人にとっては、背中を押してもらえることもあるんだと、その大切さを実感しました[ぴかぴか(新しい)]
こんなお母さん的な存在が関わって下さることも大切だと思います。

絵本の配付&お話会inつくば [絵本]

yomikikase_s.gif

NPOホープいばらきが主催の「冬物物資配布会」がつくば市で行われました。
その一角で絵本の配付をさせてもらいました。
そこはキッズコーナーになっていて、絵本の他にも文具類などもありました[本]

本当にたくさんの来場者があり、11時~15時の時間があっという間・・・・
お昼御飯を食べる暇もなく・・・
子どもやママ達、時にはパパやおばあちゃん、おじいちゃんを言葉を交わしながら、配布をしました。
皆さん「何個もらっていいんですか?」と聞いてきます[かわいい]
本当に他人のことを考える心をもっている方々です。

Babyちゃんを抱っこしている方も多く・・・
震災後に生まれた命を見ているだけで、こちらも愛おしい気持ちになりました[揺れるハート]

準備段階での会場の様子
SN3G0965.JPG

絵本もたくさんあります
SN3G0966.JPG


お話会は混雑した中で行いましたので
よく聞こえなかったのでは?と思います。
「ひつじぱん」
「でんしゃはつづく」
「ぼくのくれよん」
「たろうくんのじどうしゃ」
全て大型絵本を準備して読みました[わーい(嬉しい顔)]

嬉しい便り [支援のかたち]

illust1764_thumb.gif

とっても嬉しい便りをもらいました。
SN3G0964.JPG

震災当初から、ずっと絵本の受け入れをされていて、避難所などへ届けてくれている団体です。
最近では絵本バスを走らせて、子供達へ直接絵本を届けています[バス]

ルピナスの会として [ママだから]

illust3626_thumb.gif
昨日は、福島ママたちとの、初めての顔合わせでした。
ママだからこそ、共有できる気持ちがあります[揺れるハート]
福島ママたちも、初めての人もいて、住んでいた市町村も違い、今までの経緯も違い、置かれている立場も違いますが、必死に子供たちを守るために、踏ん張ってきたママたちでした。
同じ学区に住む、ママ友として、仲よくそして何かの時は力になるから・・・ね
皆さんとお会いできて、本当に良かったです[わーい(嬉しい顔)]

絵本を送りました [絵本]

dokusyo_s.gif

福島乳幼児・妊産婦ニーズ対応プロジェクトでワークショップや茶話会が行われるということで、絵本を贈りました。
SN3G0958.JPG

2月20日(月)水戸
3月2日(金)日立
にて茶話会があるそうです[喫茶店]
詳しくは
http://d.hatena.ne.jp/fukushimaneeds-ibaraki/
いろいろなカタチの支援があります[揺れるハート]

つくばで絵本の配付とお話会 [絵本]

yomikikase_s.gif

2月19日(日)11時~15時まで 冬物物資配付会がつくば市サイエンスインフォメーションセンターで行われます。
その中で「えほんでスマイル・アゲイン」では
絵本の配付 11時~
大型絵本のお話会 13時30分~ 
親子工作 14時~ (アクリルミニモップ作り)を行います★

楽しい会にしていきたいです[わーい(嬉しい顔)]

ルピナスの会の始まり [ママだから]

pk.gif絵本を届けたいと、小さな一歩づつを進んできた私達ですが、こんな出会いが準備されているとは考えていませんでした[黒ハート]
11月のママカフェに参加していた、福島ママさんの中に、同じ地区に住んでいて子供の学校も同じ、ましてや同じ学年という方に出会ったことが、すべての始まりでした[ぴかぴか(新しい)]
その時は、子供たちと遊ぶ担当だったので、お話ができなかったのですが、ずっと気にしていました。
授業参観の時も、探したり、どこか道出会わないかな?と思ったり・・・
そうしたら、つくばの学生たちが主催した、福島-つくばの芋煮会で、ばったり再会したのです[わーい(嬉しい顔)]ホントに嬉しかった~
そこで、同じ地区に他にも子供連れの家族(中にはママと子供だけで避難生活をしている)がいることを知って、集まれる機会をもちたいね[揺れるハート]という話しになりました。
でも・・・どうやって、その方たちとコンタクトが取れるの?
それが問題です。
そんな私達に力強い味方が・・・偶然にも、その芋煮会で会った方が、元小学校PTA会長さんと話ていて、
一言「小学校であったらいいのでは?学校からその方たちに案内をしてもらって」
「そ、そうだよね~ でもそんなお願いが通るのかな?」まだまだ半信半疑の私。
「私が学校側に話してみますよ」・・・さすが元PTA会長さんです[手(チョキ)]

そして、その数日後には、学校の協力を頂けること、案内も配布してくれることなにりました。
元PTA会長さんが、しっかりと配布する案内まで作成してくれて
「何か変なところがないか見てください」と私に確認のメールがきていて・・・
発起人に私の名前が書いてあるのですから、その手際の良さに脱帽です[かわいい]

そんなことで、初めての顔合わせが、授業参観前に行うことになりました。

震災によってかわったこと、これからできること [支援のかたち]

smileagain_web.jpg

震災から一年が経とうとしている中で
感じていることを振り返り
また一年を見つめていきたいと思います。

「震災によってかわったこと、これからできること」
2月26日(日)14時~16時
つくば市吾妻交流センター大会議室

筑波学院大学・社会力コーディネーターの
武田直樹氏を迎えての講演があります。
タイトルが「お互い様の時代がやってきた!」です。

震災を契機に個人においても、地域や日本においても変化したことを話し合えたらと思っています。またいろいろな支援活動をしている方も紹介して、どんなことができるか?と考えていけるきっかけにしていきたいと思っています。

そして被災地の子供達へ絵本を贈る活動をしています「えほんでスマイル・アゲイン」の今までの経過も紹介します。

ご都合がよろしければ、ぜひともご参加下さい。
よろしくお願いします。

おひさまKids
「えほんでスマイル・アゲイン」
ohisama@gc4.so-net.ne.jp

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。