So-net無料ブログ作成
検索選択

つくばで茶話会のご案内 [災害支援]

pk.gif


~茶話会のご案内 in つくば・茨城~ 
福島から避難されてこられたお母さまは、それぞれの「新しい日常」のただ中にいらっしゃることと思います。子どもの笑顔に癒されながらも、新しい土地での生活には不安もつきもの。たまにはゆっくりお話しませんか?お気軽にお越しください!!
 
日時:  2011年9月2日 (金)  10:00~12:00
場所:   茨城県つくば市東新井15-2 ろうきんつくばビル5F つくば市民大学
       http://www.tsukuba-cu.net/access.html  
  
内容
  ・交流会(手づくりのお菓子付き。地元ママも参加しますので育児情報の交換もできます)
  ・保育サービス (学生が子供と遊びますので、ママはゆっくりティータイム)
  ・育児相談(助産師が参加します)
  ・専門家への取り次ぎ(助産師、育児支援、自治体、弁護士など)
  ・癒しの時間 (助産師によるマッサージ
  ・福島情報の提供 
  ・ニーズ対応へ向けた個別相談  etc

対象   福島から避難されてこられた妊産婦、乳幼児・小学生のお母さま
*お子さま連れの参加を歓迎します。学生ボランティアと地元ママ(有資格者含む)が子どもたちと遊ぶのを楽しみにしています。

参加費  無料   (公共交通機関の利用の場合、交通費をお支払いできます)       
申し込み  準備のため、事前の申し込みをお願いします。飛び込みでも参加できます。
       参加希望の方は、①お名前、②母子の年齢、③連絡先をご連絡ください。

連絡先: メール ibaraki.fukushima@gmail.com(携帯からも連絡可)
      携帯 090-3923-8490(鴨志田) 

主催:  茨城大学学生ボランティア/ 茨城大学原口弥生研究室
      茨城NPOセンター・コモンズ 災害ボランティア・ホープいばらき
     茨城キリスト教大学 
共催: つくば市民大学

つくば市民大学の案内図 http://www.tsukuba-cu.net/access.html   
  *TXつくば駅より徒歩約10分・つくばバスセンターより徒歩約8分。
  *駐車場はありません。公共交通機関、または近隣の有料駐車場をご利用ください。

■つくばエクスプレスご利用の場合: 1. つくば駅の改札を出たら右に向かい、A5出口からエスカレーターと階段を乗り継いで、地上に上がります。  2. 地上に上がったらそのまま南へ、右手にQ't、左手にバスターミナルを見ながら、約250m直進します。  3. 最初の信号(大清水公園西)を右折し、約200m直進します。 4. 最初の信号(吾妻1丁目南)を左折し、約50mで到着です。1Fはろうきん(中央労働金庫)つくば支店です。エレベーターで5Fにお越しください。
■路線バスご利用の場合: 1. つくばセンターで下車し、南(ライトオン側)へ約100m直進します。  2. 最初の信号(大清水公園西)を右折し、約200m直進します。  3. 最初の信号(吾妻1丁目南)を左折し、約50mで到着です。1Fはろうきん(中央労働金庫)つくば支店です。エレベーターで5Fにお越しください。
■自家用車ご利用の場合:  県道237号(土浦学園線)「吾妻1丁目南」交差点の北側に「南1駐車場」(1,000台収容)が、「大清水公園西」交差点の南側に「南3駐車場」(600台収容)があります。料金はいずれも最初の1時間まで220円、以降30分ごとに110円です。いずれも約300m(徒歩約4分)で「つくば市民大学」です。 

絵本の配布(東松島市) [絵本]

illust3109_thumb.gif

3カ月ぶりの宮城県入りでした。今回は東松島市の蔵しっくぱーくにて行われた「子供広場」の会場内で絵本の配布をさせてもらいました。ここは航空自衛隊松島基地より500m余りのところにあります。海岸から3キロも離れているにもかかわらず、津波が30㎝も来たそうです。また7月31日までは避難所として利用されていました。
蔵しっくぱーくから少し海岸寄りに入ると、そこには津波の爪痕が残っていました。がれきはほとんど撤去されていますが地面は砂地になり、磯の香りがします。近くに残っている家屋には津波が来た2m位の線の跡がくっきりと見えます。
DSC02394.JPG

DSC02393.JPG


「子供広場」はうちわの絵付けやヨーヨーなどの子供向けの遊びができたり、子供服の配付なども行われていました。その中で絵本の配付をさせてもらいました[るんるん]
DSC02413.JPG

DSC02410.JPG

DSC02399.JPG

DSC02401.JPG

DSC02402.JPG

「絵本の配付は初めてでとっても嬉しい」「この絵本あったよね」「○○ちゃんにいいんじゃない?」など言葉を交わしながら、何冊も抱えてもっていかれました。
小学校で読み聞かせをしている方がいて、大切な絵本が全部流されてしまったそうで、「いい絵本ばかりで大切にします。お話会も続けていきますね。」と、私が「子供達はお話を読んでくれることを楽しみにしているでしょうから」「頑張りましょう」とお互いにエールを送りました[わーい(嬉しい顔)]
時には絵本の紹介や年齢に合わせてのお勧めなどを話しながら、渡す事ができたことも良かったと思います[黒ハート]


絵本の寄贈 [絵本]

fumira_book_s.gif

14日の東松島市へ行くので、絵本もどんどん集まってきました。
いつも行くことが決まると、こうして知らず知らずに絵本が集まるので不思議です[わーい(嬉しい顔)]
今日は保育所からのお友達から
SN3G0869.JPG


前にも一度、絵本を寄贈してくださった方からも・・・
何度もご協力してもらいありがとうございます。
そして素敵なメッセージもいただきました[黒ハート]
SN3G0870.JPG


皆さんの気持ちも一緒にお届けしてきます[ぴかぴか(新しい)]

絵本の寄贈 [絵本]

illust3575thumb.gif

娘のお友達のママさんが絵本を届けてくれました。
保育所でお友達になり、今もずっと仲良しさんです。
SN3G0868.JPG


なかよし保育園に送る食糧も一緒に頂きました[るんるん]
本当にありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

じょいふる★東松島 [絵本]

illust1810_thumb.gif

8月14日(日)宮城県東松島市で
絵本の読み聞かせと、絵本の配付★を行うことになりました[わーい(嬉しい顔)]

この[イベント]イベント
東松島市矢本のくらしっくぱーく駐車場にて
子供達が楽しめる
うちわの絵付けやヨーヨー釣り、ボーリング、輪投げなど[るんるん]
開催時間は10時~16時です。
楽しいイベントにしたいな~

そこで絵本の配付とお話会を行います[本]
お話会は10時30分~と14時~の2回です。
その後に絵本を配付します[黒ハート]
子供達を楽しませてあげたいな

桜南保育所から寄贈された本などを持っていきます[手(チョキ)]
そしてもう少し絵本があると嬉しいで~す[exclamation]
・・・・というわけで
絵本を寄贈して頂ける方がいましたらご連絡下さい
ohisama@gc4.so-net.ne.jp
よろしくお願いします[わーい(嬉しい顔)]

ナラの木 [災害支援]

bd_pansy12.gif


東日本大震災で多くの方々が心を痛めてみえるなか、人々を元気づけようとアメリカのDiana Doan-Crider氏が日本クマネットワークメーリングリストに『The Oak Tree』という詩を寄せてくださいました。この詩をより多くの方々に読んでもらおうと、麻布大学野生動物学研究室の高槻成紀氏が翻訳されていますので、ここに紹介させていただきます。

ナラの木

たいそう強い風が吹きました

昼となく夜となく
ナラの木のすべての葉っぱを吹き飛ばし
枝をびゅんびゅんと揺らし
木の皮も引きはがすほどでした

ついにナラの木は丸はだかなってしまいました
それでも地面にしっかり立っていました
ほかの木はみんな倒れてしまいました

くたびれてしまった風は
あきらめて言いました
「ナラの木よ、どうしてまだ立っていられるのだい?」

ナラの木は言いました

「あなたは私の枝を折ることも
すべての葉っぱを吹き飛ばすことも
枝を揺らすことも
私をゆさゆさと揺することも
できます

でも私には大地に広がる
根っこがあります

私が生まれたときから
少しずつ強くなりました
あなたはこの根っこには決してさわれません

わかるでしょう
根っこは私のいちばん深い部分なのです

実は今日まで
私はそのことがよくわかっていませんでした
自分自身がどれだけものごとに耐えられるかを

でも、今おかげでわかりました
自分が知っていたよりも
私はもっと強くなったのです」

*******************
この詩を東北弁などに訳しているのです。
言葉の力は心には大きな役割があることを感じます。

この詩を広めてほしいと・・・
訳をされた高槻教授はおっしゃっています。
「がんばれナラの木」のサイト→http://blog.goo.ne.jp/oaktree1949

なかよし保育園(支援物資) [災害支援]

illust1816_thumb.gif
前にもここで紹介しました。南相馬市のなかよし保育園で、8月1日現在、求めている支援物資を紹介します。

健康な生活を送るための物資 】と【 心の健康につながる支援 】

【 健康な生活を送るための物資 】

※バランスのとれた給食を子どもたちに継続して提供していくための食材

以下◎…特に継続的に使用 ○…単発的に使用

○日本製の天然水瀨
◎ジュース(寘・・)
◎カルピス・ヤクルト・ミロ
◎牛乳・ヨーグルト・昆布等のダシつゆ
○春雨
◎シチュー&カレー&ハヤシライス
○ウインナー・竹輪・ナルト
○カニカマ・味付き油揚げ・豆腐・卵
○バター・ドレッシング各種
◎キノコ類・キュウリ・キャベツ・ブロッコリー・ナス・カボチャ・レタス・大根・菜っ葉類・人参・ミックスベジタブル・ピーマン・ゴボウなど
○くだもの各種&フルーツ缶詰

※お菓子類につきましては、なるべく駄菓子系ではなく、子どものおやつに与えて良さそうなものをお願いします。

【 心の健康につながる支援 】

※音楽コンサート・ミニライブ・ダンス・合唱・合奏など、

…みんなで歌ったり踊ったりして、楽しく元気が出る音楽的なもの

ご提案いただければうれしいです。幼児でも楽しめるものを。

ご注意①:3園合同で保育していることもあり、出演料・交通費を支払うことができません。
     100%ボランティアとしておいでいただければと思います。

ご注意②:ボランティアにつきましては、月2~3回を上限にしております。
     8月の受付は終了しました。現在9月以降の受付をしています。なお、曜日は水曜日~金曜日でお願いしています。

以上・・・ヨシユキ先生のブログより
http://yotsuba-ho.seesaa.net/

福島に住んでいる子供達、そしてその子供達を変わらぬ愛情を注いている方達[黒ハート]
私達もずっと変わらぬ思いで、福島の子供達を見守ってあげたいです[ぴかぴか(新しい)]
直接、福島に行って何かをしてあげられないのだけれど・・・(それがもどかしい[もうやだ~(悲しい顔)]
でも、いつも気にかけてあげることができるならば・・・そんな事でもしてあげたいです[黒ハート]





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。